サビキでアジを釣って美味しく食べよう

皆さんアジは大好きですか?

って日本人なら好きな方が多いはずですよね。

だってアジは日本中釣れるし(北海道ではわかりませんが)波止じゃなくても湾内でも釣れるもっともポピュラーな魚です。

そんなアジ釣りに食べ方に紹介したいと思います。

一般的に釣り方として多いのがサビキ釣りでしょうね。

なぜならアジの小さいのでも唐揚げに南蛮漬けに出来るし、漁師町なんて「ひきさき」って食べ方で、頭はずして皮だけ外してそのまま骨ごとしゃぶって食べるとこだってあるぐらいなんです。
(ちなみに私の場合はしませんけど)

サビキ釣りは家族でいっても危ない場所で釣りをするわけではないし、今頃はジャンボ(オキアミ)もブロックじゃなくてチューブ式があって手もそんなに汚れないし、仕掛けも竿にワンタッチでサビキを付けて下にカゴをつければ終了!

こんな感じでサビキ釣りはとっても簡単だから人気なんです。

30センチクラスのアジなんてたくさん釣れちゃうと、料理に困っちゃうくらいなんです。

しか~し!焼いたり煮たりするだけでは面白くない!

私は「なめろう」を覚えたのです。

刺身にするまでは同じでそこからひと手間なんです。

刺身をさらに細かく切って、ねぎに生姜にそして味噌を加えて一緒に包丁で叩いていくます。

そしたら美味いなめろうの出来上がり。

お好みで大葉もgood!

あと脂のなくて普通に食ったら上手くないときは私は刺身にして胡麻油で食べますね。

これなら魚臭い脂のない時期でも美味しく召し上がれますよ。

皆さん、これからアジが脂をたっぷり蓄えて湾内に入ってきますよ。

さて、竿の手入れでもしよっと(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

WordPress|健康マニア|女性の人生|心の童話|童話集|主婦の在宅ワーク|オーディオ|SEO|FXシストレ比較|貯蓄|英語上達の秘訣|SEO対策|じゃんけん必勝法|マッサージ|カート設置|驚愕頭部|集英社|