魚釣りの基本的なマナー | サビキ釣りを楽しもう

魚釣りの基本的なマナー

魚釣りをする時は、自分一人ではないという事を認識しておかなければいけません。

もちろん周囲にも魚釣りを楽しんでいる人はたくさんいます。
そのため魚釣りの基本的なマナーというのもしっかり覚えておきましょう。

魚釣りでまず気をつけたいのが、隣の人との距離感です。
隣の人とあまりにも近くで魚釣りをしてしまうと、リールが絡まったりして迷惑をかけてしまいます。
そのため隣の人とは一定の距離を置くように心掛けましょう。
特に釣り場は先に来た人が優先なので、自分よりも前に魚釣りをしている人には特に気を遣うようにしましょう。

釣り場を歩く時も、静かに歩くようにしなければいけません。
音を立ててしまうと魚が反応して逃げてしまう事があります。
そのため、魚釣りを楽しんでいる人の邪魔になってしまうので注意しなければいけません。
急いでいても絶対に走って音を立てないようにしましょう。

釣り場を綺麗に利用するという心構えも大切です。
魚釣りはゴミが多く出るので、その辺りも気を遣わなけばいけません。
大きいゴミ袋を用意して、魚釣りが終わったらゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする