釣りを始めるには、ある程度の知識と周囲への配慮が大事 | サビキ釣りを楽しもう

釣りを始めるには、ある程度の知識と周囲への配慮が大事

魚釣りを始めたいと思っている人は、まずある程度の知識を覚えておく必要があります。

例えば魚もいつもお腹が空いているというわけではないのでエサを仕掛けてもまったく食いついてくれない事も多くあります。そのため潮の満ち引きや水温などを計算して、魚が釣れやすい時間帯というのを覚えておく事が大切になってきます。

また釣り場によって釣れる魚も違うので、当然エサの種類も変わってきてしまいます。
そのためどの釣り場でどの魚が釣りやすいなど、情報収集をしておく事も大切になってきます。

釣りをする時は周囲の人を確認する事も必要です。

まず仕掛けを投げる時に周囲の人がいると当たってしまう可能性があります。そのため、トラブルに発展してしまう可能性もあるので、仕掛けを投げる時は周囲に誰もいない事を確認するようにしましょう。

また初めて釣りをする人が魚を釣る事が出来たら喜んでしまって、むやみに魚を触ってしまう事がよくあります。
すべての魚が安全というわけでもないので少し様子を見てから触るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする