釣り道具を車に積むときは、竿は車内の上に置こう | サビキ釣りを楽しもう

釣り道具を車に積むときは、竿は車内の上に置こう

釣り道具はどうしてもかさばってしまうものですよね。
釣具屋さんに車内でも竿を収納できる便利なグッズが売られています。

その中で、後部座席のつり革にベルトを通してつけることの出来る「ロッドキャリーのベルトタイプ」は非常に便利です。

固定式のロッドホルダーもあるのですが、こちらよりもベルトタイプをおススメします。
固定式よりもベルト式の方が安価な上に、使い方が自由自在です。
竿を置けることはもちろんのこと、柄の長い網、サンシェード、雨傘も置くことが可能です。

私はイソメの袋などの軽い荷物であれば、S字フックでぶらさげてしまっています。

日ごろかさばってしまうものも全てこのベルトへ上げておくことが出来ますので、車内を広く取ることができます。

竿は竿先に強い衝撃が当たってしまうと簡単に折れてしまいます。
折れてしまった場合は修理をするか、買い直すしかありません。

このようなことを避けるためにも、是非ロッドキャリーを設置してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする