最後の奥の手・ジグサビキ | サビキ釣りを楽しもう

最後の奥の手・ジグサビキ

魚がいることはわかっているけれど釣れない・・・・・・そんな時はけっこうあります。
例えばサバやソウダガツオ、イナダなどは魚食性の魚ですが、マイクロベイトと言われる稚魚や小エビなどを捕食している時は、どんなにメタルジグや弓角を投げてもなかなか結果を出せません。

そんな時、奥の手としてジグサビキという釣り方があります。
これはサビキ仕掛けのオモリをメタルジグに付け替えて、メタルジグのフラッシングアピールで魚を寄せて、サビキ仕掛けに食わせるという釣り方です。
ジグサビキ用のサビキ仕掛けは、イワシや小アジを釣る用のものではなく、専用品を使用します。
ジグサビキ仕掛けは、仕掛けの幹糸が太く丈夫なのでルアーロッドでのフルキャストが可能であり、エダスが若干長めに設定されているので、海中でバケがよく舞うようになっています。
さらに肝心のバケにはフラッシャーなどのアピールアイテムが付き、魚からしたらちょっと派手なマイクロベイトのように見えているはずです。

メタルジグ、弓角、ワームで釣れない時、最後の奥の手でジグサビキを投げてみると、意外に良い結果がでることがあります。

狙い方はキャストしたら底を取り、リフト&フォールで探ってくるだけで超簡単!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする