釣ってきた太刀魚ってどうやって食べるの? | サビキ釣りを楽しもう

釣ってきた太刀魚ってどうやって食べるの?

釣りに行くのが好きで、いろいろな魚を釣ってくるご主人がいる人は多いでしょう。

自分でさばくことができるのならいいですが、釣り好きなのに、料理はすべて奥さんにおまかせという男性もいます。

そんなご主人が、もし太刀魚を釣ってきたらどうやって食べたらいいのでしょうか。

太刀魚はその名のごとく、銀色の皮がキラキラしていて長いのが特徴です。

晩御飯のおかずになるのでとてもありがたいですが、魚をさばくのが苦手な女性はちょっとびっくりしてしまうでしょう。

まずは流水できれいに洗い、背びれをとり、さばきやすいようにまな板に乗るぐらいの長さに切りましょう。

首を落としてワタを取り除いてきれいに洗い、三枚におろしましょう。

おろし方が分からない場合は、ホームページなどで確認してから取り組むのがおすすめです。

お子さんがいたり、家族の人数が多い家庭に一番おすすめなのは、竜田揚げです。

しょう油とお酒を合わせたものに、おろし生姜やにんにくを入れたタレに太刀魚を10分ほどつけ込み、余分な水分をふき取って片栗粉をまぶして揚げます。

食欲をそそる香りがしてご飯のおかずにもぴったりですし、身がふわふわと軽いのでたくさん食べることができます。

また、お酒のおつまみにもなるので、釣り好きのご主人にも喜ばれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする