魚によって異なる仕掛け | サビキ釣りを楽しもう

魚によって異なる仕掛け

魚釣りといえば釣り竿に針をつけてそれを垂らすといったことを思い浮かべるかもしれませんが、当然それだけではうまく釣り上げることができません。
必要な道具を揃えて、釣りたい魚に適した仕掛けをする必要があります。

仕掛けは魚によって異なるもので、魚の種類の数だけ仕掛けも存在しているといっても過言ではありません。

例えばサビキ釣りは比較的簡単な仕掛けで、老若男女問わず楽しめることからファミリーフィッシングに適しています。
サビキ釣りのポイントは糸の先に繋いだカゴです。このカゴにアミエビなどのマキエを詰めておき、それがゆっくりと広がっていくことによって魚が集まってくるといった仕組みです。釣りたい魚によってサビキ仕掛けを選ぶことが大切です。

大量を狙えるサビキ釣りにたいして、遠くまで飛ばす爽快感を得ることができるのが投げ釣りです。天秤というオモリを使うのが特徴で、キスやカレイを狙うことができます。

その他にもチョイ投げ釣りやルアー釣りなど様々な釣り方と仕掛けがありますので、狙う魚に合わせて選択すると良いかと思います。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

釣れなくてイライラ!そんな時はおやすみミストの癒やしの香りでリラックスしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする