乙浜港の岸壁で立派な○○に出会い、爆釣! | サビキ釣りを楽しもう

乙浜港の岸壁で立派な○○に出会い、爆釣!

千葉県の乙浜港へ夜釣りをしに行ったとき、網を持って岸壁の散策をしていました。

ここの港は、岸壁に伊勢海老やナマコ、アワビにウニと、たくさんの生き物がいてとても楽しい港です。

いつも通り網で壁をやさしくすくい、中を見て楽しんでは海に返し、という遊びをしていました。

そうしたら、なにかモニモニ動く布のようなものが見えました。

おもしろい生き物かもしれないと思い、手をいっぱいに伸ばして網ですくったら、「マダコ」と「真鯛」が入っていました。

真鯛は稚魚だったので海に返したのですが、マダコがとても立派だったのでこれは持ち帰りました。

とても気分が良くなり、明け方にサビキ釣りをしたら、アジが大漁に釣れました。

帰宅し、すぐに氷漬けにしてあったアジを刺身用にさばきました。

2~3匹分の身を各スプーン1杯分くらいの「しょうが」「ねぎ」「みそ」「しょうゆ」で叩いて「なめろう」にして食べました。

もちろん、日本酒を飲みながらいただいたことは言うまでもありません。

タコは釜茹でにして刺身でいただきましたが、食べきれなさそうだったので、ご近所さんへほとんどおすそ分けしました。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

釣れなくてイライラ!そんな時はおやすみミストの癒やしの香りでリラックスしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする