魚釣りにかかせないブロック氷は、ペットボトルで作れ! | サビキ釣りを楽しもう

魚釣りにかかせないブロック氷は、ペットボトルで作れ!

魚釣りにどうしても欠かせないのが、大きな氷です。

コンビニエンスストアなどでブロック氷が売られていますが、一つ300円程します。
この氷ですが、2L用のペットボトルとそれが入る冷凍庫さえあれば、事前に作ることができます。

2L用のペットボトルに水を入れて1日かけて凍らせます。
最低でも半日以上はかけましょう。
中までしっかりと凍りません。

釣りに行く準備が整ったら、最後にこのペットボトルを取り出します。
このまま使用したのでは冷えにくいので、ペットボトルの一番太いところをカッターや包丁で切り、中身の氷を取り出します。

夜釣りなどの比較的暑くない時間帯であれば、2本の氷でヒラメやスズキなどの大型魚は鮮度に問題なく持ち帰ることができます。

昼間のアジングなどの場合は、頻繁にアイスボックスを開け閉めしますので、溶けるのが早くなります。
それでも半日は持ちますので、溶け切ってしまっても、追加の氷を現地で1ブロック調達すれば良くなります。

少しでも事前準備をしておけば、釣り場での作業が一つ減りますので、より安心して釣りに打ち込むことが出来ますし、お金の節約にもなります。

節約したお金を釣りの用具建てに当てられたら素敵ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする