メゴチは処理がめんどくさいけど、実は美味 | サビキ釣りを楽しもう

メゴチは処理がめんどくさいけど、実は美味

イソメを小さくつけたチョイ投げの釣り用仕掛けで、茨城県にある湾内の岸壁をチョンチョンと探ると、よくメゴチが釣れます。

どこでも釣れるこのメゴチ。
小さい魚なのに、かかると全身から大量のヌメヌメを出すため、バケツに入れておくとすぐに海水が濁ってしまいます。
ですので、よく釣りをする人にとって「お邪魔な存在」とされやすい魚です。

しかしよく見てみると、マゴチと少し似ていてとても可愛い顔をしています(マゴチとは種類が違います)。

この釣れるとちょっと面倒なメゴチ。 実は食べるととても美味なのです。

下処理として、あら塩でとにかくメゴチを揉みます。
ヌメヌメが取れるまでひたすら揉みますが、この作業がとても大変です。 思った以上に塩を消費します。
下処理が終わったら、ハゼやキスなどの処理と同じようにさばいて、てんぷらにします。
塩でいただくと一番よくわかるのですが、身がしっとりしていてすごく美味しいのです。
しっぽまで食べられるのですが、このしっぽもサクサクとして食べやすく、子供でも食べられます。

一度でいいので、時間の余裕があるときに、良かったら試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする