浜名湖でファミリーフィッシングデビュー | サビキ釣りを楽しもう

浜名湖でファミリーフィッシングデビュー

私は数年前、息子と初めて釣りに行きました。

私は小学生の頃から釣りをやってはいたものの、最近はめっきりしていなかったこともあり、釣りを忘れていました。
ですが、妻から息子はアウトドアに弱いので釣りでも教えられない?
と言われ、釣りならやれるけど。。。と言った具合で数年ぶりの釣りにでかけたのです。

場所は当時近くだった浜名湖の漁港周辺。
日本海で釣ったり、川、湖での経験はあったものの浜名湖での釣り経験は皆無でした。

釣具屋で情報と道具を準備して、いざ出発!
店員さんに教えてもらったポイントに行くと数人の人がいます。

過去にも経験があったサビキ釣りだったので、それほど心配はしていませんでした。
息子に軽くレクチャーをしてからスタートフィッシング。

日本海では見たことがない(釣れたことがないだけ)魚が次々と釣れます。
小さな魚で見た目は鯛のように見えます。しかし赤くない。

息子は次々と釣り上げて満足そうな笑顔。
釣った魚はフィッシュグリップで外していきます。

フィッシュキャッチャーを使えば魚を直接掴まなくていいので安心です。
そして息子の方が私よりフィッシュグリップの扱いが上手で驚きました。

息子はとても楽しそうでした。
この魚食べたい。食べられる?と聞かれますがわかりません。

可哀想だから返してあげよう。と軽く威厳を保ったままリリースしました。
後に調べたところ、チンタと呼ばれている黒鯛の稚魚だとわかりました。

久しぶりの釣りが私の釣り熱の再燃になるとは、この時は思ってもいませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする