アジが釣れすぎた時は一夜干しネットで干物を作ろう | サビキ釣りを楽しもう

アジが釣れすぎた時は一夜干しネットで干物を作ろう

サビキで釣りをしていると、1人で釣りをしていて、
多い時では100匹以上のアジやイワシが釣れてしまって、
後になって、
「夢中で釣りをしていたけど一気にこんなに食べられない・・・」
「食べられなかったら魚の命を粗末にしてしまう」と悩んだ事がありました。

今回は、この経験を踏まえて「釣れすぎたアジ」を日持ちさせる方法をご紹介します。

釣った魚は鮮度の関係上2~3日以内に食べるのが理想ですが、
釣れすぎて食べられない時は、アジを開きにして塩を少々振り、
「一夜干しネット」で干して干物にすると日にちが経っても美味しく頂けます。

一夜干しネットは、釣具店に1000円~で売られており、
魚の干物の他にも干し野菜を作る事ができて、料理が好きな人には便利です。

一夜干しネットを使わなくても、魚を開いて糸を通し屋外に干しておくと干物はできますが、
干した魚にはハエがたかって衛生が気になります。
(焼いたので問題は無かったけど、多分ハエの卵が産みつけられている)

この方法は、アジ以外にもタイ・イカ・キス等もOKなので、釣れすぎた時はやってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする